アルコール依存症の催眠療法
催眠療法.COM
潜在意識でのストレスや
ショックを解きほぐすために、催眠療法は
非常に効率的です。


メニュー
催眠療法とは
ヒプノセラピーとは
前世療法とは
催眠療法の方法
催眠療法士とは
催眠療法の資格
ヒプノセラピー 資格
現代催眠療法
効果
口コミ
心療内科
精神科
アルコール依存症

相互リンク募集中
リンク申し込み
リンク集
サイトマップ

おすすめサイト
催 眠術のかけ方
会話術

アルコール依存症の催眠療法

潜在意識でのストレスやショックを
解 きほぐすために、催眠療法は非常に効率的です。


アルコール依存症を抱える方は、
日本には400万人以上いるとされています。


治療するには断酒をすることが必要不可欠です。


意志の強弱は関係なく陥ってし まうのが
アルコール依存症です。


催眠療法で心のケアをしたとしても
体が覚えていると、依存を断つことが
できずに求めてしまいます。


アルコール依存症の治療 には、
アルコールによる精神的な高揚(ドーパミン)を
求めない体と日々受けるストレスを解消するのに
アルコール頼らない心が必要です。


無意識下、つまり潜 在意識でのストレスや
ショックを解きほぐすた めに、催眠療法は
非常に効率的です。


催眠療法での催眠状態というのは、
潜在意識に直接関与できることが特徴で す。


アルコール依存症になってしまう多くの方が、
社会での人間関係や仕事からのストレスに負けて
頻繁に飲酒に走ってしまう傾向にあります。


ストレスなんて ない、と考えている人にも
ストレスは存在すると言われています。


催眠で触れる潜在意識(無意識)の領域は85%、
顕在意識(意識)の領域は15%と考えら れて
いることからも、知らずにストレスを溜めるのは
むしろ通常です。


依存するものはアルコールに限らず、
期間が長いほど治 療が困難になります


催眠療法で の早めの対策が有効です。


水澤都加佐のアルコール依存症援助プロ グラム
アルコール依存症を認めない人、
助けを求めない人にアルコールをやめさせる方法




Copyright © 催 眠療法.COM All Rights Reserved.
フォレックスドットコムの詳細はコチラ